HOME>オススメ情報>香典返しについて【マナーを知っておこう】

香典返しの由来

本来、香典返しは、葬儀に駆けつけてくれてありがとうという気持ちを伝える為のものです。多くの人はお香典に対してのお返しと思っているのですが、そうではありません。きちんと認識をしておきましょう。

香典返しのマナー

香典返し

香典返しには、基本的なマナーが存在します。一般的に、香典返しは忌明け法要の翌日に発送できるように手配しておくべきです。そして、法要後2週間以内を目途として、到着するようにしましょう。しかし、香典返しの準備が遅れてしまい、2週間過ぎての到着になりそうな場合もあるでしょう。そのような場合は、お詫び状を添えて送るようにしましょう。また、香典返しは基本的に半返しとなっています。半返しとは、頂いた金額の半額相当のギフトを贈るという意味です。地域によっては3分の1返しのところもあります。香典返しを用意する前に、地域の風習なども確認しておきましょう。

香典返しで人気のギフトとは

香典返し

香典返しは、消えものをおくります。なぜなら、不祝儀を残さないようにする為です。お菓子やお茶などの食品やタオルなどと言った日常消耗品を贈りましょう。そして、生命をイメージさせる魚や肉などは避けるべきです。最近では、香典返し用のカタログギフトも登場しているので、活用すると良いでしょう。そうすれば、マナー違反を起こすこともありません。しかし、高齢者の中には、カタログギフトの仕組みなどを理解していないひともいるので一言添えてあげるようにしましょう。